ザイザルの写真

おすすめの花粉症・アレルギー治療薬「ザイザル」についての紹介サイトです。ザイザルはレボセチリジンを主成分とする新しい医薬品で、アレルギー全般に関与するヒスタミンの受容体をブロックすることで効果的に改善することが可能です。

アレルゲン見極めは昼間に・ザイザルで生活の質上げる

子どもの方が大人に比べると食物アレルギーのリスクが高いです。理由は、まだ消化器官が未発達であるため、タンパク質の分解がうまく出来ないからです。
食物アレルギーはアレルゲンとなる食物の特定のタンパク質が原因で起こります。アレルギーは誰にでも起こるというわけではなく、アレルゲンに対して抗体の反応が強く出すぎてしまった時に起こります。
食物アレルギーを持つ子どもに対しては、親が管理する必要があります。最初は何を食べさせて良いのかわからずに途方にくれてしまう人も少なくありませんが、食物日誌をつけるなどしてアレルゲンを特定できるようになると、何が良くて何がダメなのかがわかるようになります。
初めて食べさせる食材の場合には、できるだけ昼間に食べさせて見極めた方が良いです。昼間ならば病院にすぐに行くことが出来るので、朝方や夕方よりもリスクを低くすることが出来ます。
昼間に新しい食材を1品試して、徐々に品数を増やしていくと良いです。一気にいろいろな食材を食べさせてしまうと、もし症状が起きた時に何がアレルゲンであるかが特定しづらくなってしまうからです。
食物アレルギーの親は子どもが口にするものに神経を尖らせなければいけないので、非常に疲れます。その親のケアも含めて、アレルギーの治療を進めて行くことが大切です。
かゆみやじんましんなどの皮膚症状に対しては、ザイザルという抗アレルギー薬が有効です。ヒスタミンの働きを抑えて症状を和らげる薬ですが、従来までに薬に比べて少量で効くようになっており、脳への影響が和らげられているので、眠気が出にくいです。ザイザルは皮膚科で処方されている薬なので、皮膚のアレルギー症状が起きたら医師と相談のうえザイザルを使ってみると、生活の質が向上する可能性があります。