花粉症・アレルギーに「ザイザル」

ザイザルの写真

おすすめの花粉症・アレルギー治療薬「ザイザル」についての紹介サイトです。ザイザルはレボセチリジンを主成分とする新しい医薬品で、アレルギー全般に関与するヒスタミンの受容体をブロックすることで効果的に改善することが可能です。

アレルギー発症とヒスタミンの関係について

人間の身体は異物が侵入すると、免疫機能が働き、正常に戻そうとする働きができています。環境や生活習慣、ストレスなどがかかると身体の免疫機能のバランスが崩れることがあります。個人差が大きく、軽度の人もいれば生命にかかわるまでの重症化する人もいれば様々です。メカニズムは体内が異物と判断がされたら、異物とアレルギーを排除する抗体が働き、脳内のヒスタミンという物質を放出させます。身体症状として発赤や発熱、かゆみといったアレルギー反応を引き起こします。ヒスタミンは血管を拡張させ、血圧を下げる働きがあります。異物を排除させようと働くのです。アレルギー症状の一つに多くみられるのが花粉症です。毎年発症していない人がある年を境に発症してしまうというケースもみられます。何らかの要因によって、アレルギーの原因のアレルゲンと免疫機能が身体に追いつかなくなってしまうからです。鼻水、咳、くしゃみなどの症状に毎シーズン悩まされている方もいらっしゃることでしょう。治療薬にザイザルという抗ヒスタミン薬があります。2010年ドイツで認可された薬です。ザイザルは、ヒスタミンを抑えて、アレルギー症状を改善します。1日1回の服用で効果も24時間持続します。ザイザルという内服薬は市販されておらず、個人輸入になります。ザイザルの成分ジルテックを市販にしたスイッチOTC薬でドラッグストアで購入することはできます。OTCとは病院の薬の成分を市販薬の転用したものです。英語のOverTheCounterの略です。カウンターで購入できるという意味です。ドラッグストアの購入の際には違う名称で販売されています。ザイザルは副作用の眠気は少ないです。全くないわけではなく、抗コリン作用が働き、眠気や口の渇きなどみられることがあります。